多くの女性が悩むPMS~専用の薬で治療は可能~

リバウンドは漢方薬で治せる~PMSを改善する漢方の力~

体質改善でリバウンド知らず~PMS治療に使われる漢方の効果~

具体的にPMS治療に用いられる漢方薬は、どのような種類の生薬が用いられるのでしょうか?PMS治療で主に用いられる薬とその効果について見ていきましょう。

そもそも漢方って何?

漢方は、薬草などから作られた生薬を組み合わせて作った薬です。自然素材の薬となっているので、副作用を起こす可能性がとても低いです。また、発祥国である中国やここ日本でさまざまな病気の治療薬として使われています。化学薬品とは違い即効性こそありませんが、体質改善に極めて高い効果を発揮し、血流の流れを良くしたり自律神経のバランスを整えたりといった効果を与えてくれます。また、女性器官の働きの改善にも効果的です。

病院で処方される漢方は「エキス剤」

実は漢方は大きく2つの種類に分けることができます。1つを「煎じ薬」、そしてもう1つを「エキス剤」と呼びます。煎じ薬は乾燥させた薬草を細かくし、それをお湯で煮だしたものです。多くの方の頭にある漢方のイメージはこのタイプと思います。エキス剤は錠剤や顆粒剤として販売されているもので、一般的に病院で処方される漢方はそのほとんどがこのエキス剤となっています。

PMS治療に使われる漢方3つ

専門のクリニックで処方されるエキス剤とはどんな薬でしょうか?主に処方される漢方薬を3つ紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
当帰芍薬散は、むくみや冷えなどの症状に効果のある漢方です。生理前は身体が水分を蓄える働きを見せるため、全身の水分バランスが崩れ、それによりこれらの症状が現れます。それを改善してくれるのがこの当帰芍薬散です。耳鳴りや動悸、月経不順などにも効果がある漢方です。また、当帰芍薬散には血流を促進する効果もあります。服用すると体の代謝もアップするため、リバウンドを防ぎヤセやすい体になれるでしょう。
加味逍遙散(かみしょうようさん)
ストレスを緩和する効果を持つ加味逍遙散は、イライラや集中力の欠如などの症状がよく出るという人にオススメです。抗不安剤に近い効果が得られる漢方、と考えてよいでしょう。強いストレスを溜め込むと、ホルモンバランスにも悪影響を及ぼし、PMSなどの症状が現れやすくなります。ストレス緩和の効果があるこの漢方薬を飲むことで、PMSを発症するリスクを抑えられるでしょう。ダイエット中に使用するのも効果的であり、厳しいダイエットによるストレスを軽減して、リバウンドの原因となる暴飲暴食も防げます。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
PMSの症状として、めまいや肩こり、頭痛や腹痛などが現れる、という人にオススメです。ちなみに、この桂枝茯苓丸と上で紹介した当帰芍薬散、加味逍遙散の3つの漢方は、PMS治療に大きな効果を与える漢方とされており、「婦人科系三大漢方」と称されています。また、桂枝茯苓丸は体のむくみを防止する効果があります。体のむくみは太って見える原因となりますが、服用し続けることでほっそりとした見た目になれるでしょう。ダイエットで細くなりたいという女性にオススメです。

漢方にまつわる疑問~ダイエットに励む若い女性のための漢方知識~

漢方薬は個人の体質によって処方されるため、使用するにあたっての向き不向きがあるのでは、と疑問を抱く人もいるでしょう。漢方薬を使うにあたって向いている人と向いていない人はいるのか、専門家に尋ねてみました。

漢方の向き不向き

漢方を始めて飲むのですが、漢方に向き不向きはありますか?
一般的なお薬とは違い、漢方薬は人によって処方する生薬の種類や量を細かく変えます。患者さん1人1人の体質に合わせて調合するため、基本的に向き不向きといった効果の差は現れにくいでしょう。
PMS治療で即効性を求める人には向いていないと聞いたのですが?
西洋医学に基づくお薬とは違い、漢方薬は効果を実感できるまで多少の時間がかかります。効果が現れるまでおよそ1週間~1ヶ月の期間が必要となり、その出方というのも、徐々に徐々にという感じです。気の短い人や即効性を求める人であれば不満を感じるでしょうが、全く効かないというわけではないので、症状が改善するまで気長に待つという心構えで治療を受けましょう。

副作用の有無の可能性

漢方薬

漢方は自然素材の薬なので、副作用を起こすことはほとんどありません。ただ、その可能性が0であるというわけではありません。例えば、風邪薬としてよく使われている「葛根湯」という漢方は、服用することで胃の具合を悪くしたり食欲を無くしたりすることがあります。もちろんそれはごく一部の人ですが、副作用が起きる、ということが分かる事例と言えます。漢方はPMSに高い効果を発揮しますが、副作用が起きる可能性もある、ということをしっかり認識しておきましょう。

PMS治療で使われる漢方の副作用

PMS治療でよく用いられる当帰芍薬散・加味逍遥散・桂枝茯苓丸の3つにも副作用が起こることがあります。PMS治療を受ける前に、副作用について詳しく知っておきましょう。

当帰芍薬散
当帰芍薬散を服用することで現れやすい副作用は、吐き気や下痢、胃の不快感、胸焼けや頻尿などの消化器系の影響が多く現れます。また、皮膚症状としてかゆみや発疹、ニキビや肌のむくみなども現れるのです。他にも頭痛や食欲不振といった症状も見られることがあります。
加味逍遥散
加味逍遥散は、胃腸障害として吐き気や腹痛、胃の不快感や下痢といった症状が現れ、さらに発疹やかゆみといった皮膚症状も現れます。当帰芍薬散とは違い、肝機能障害や黄疸といった肝臓への重度の影響が現れることもあります。しかし頻度は多くなく、ほとんどの場合副作用軽いものであるため、特に警戒する必要もないでしょう。
桂枝茯苓丸
桂枝茯苓丸に現れる副作用として、胃腸障害では食欲不振や下痢、皮膚障害には発疹・発赤・かゆみといった症状が現れます。服用した際にこうした症状が現れた場合は処方をしてくれたクリニックに相談しましょう。また、現在別の治療を受けているためさまざまな薬を服用している人や、過去に何らかの薬を飲んでこのような症状が現れたという人は、処方を受ける前に必ずそのことを主治医に伝えましょう。
TOPボタン