多くの女性が悩むPMS~専用の薬で治療は可能~

ダイエット後のリバウンドの意外な原因【PMSがお腹を空かせる】

ダイエットしたのにリバウンド~生理前にお腹が空くメカニズム~

頑張ってダイエットをしてヤセることができても、しばらくするとリバウンドで体重が元に戻ってしまうということは誰しも経験があるでしょう。しかしこのリバウンド、実は生理による体調の変化が原因かもしれないのです。

生理前にリバウンドする理由

悩む女性

女性の中には、生理周期に入ると体重が急激に増えてしまった、という経験を持つ人もいるでしょう。体重が増加する原因は、生理によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうからです。ホルモンバランスが乱れると、お肌の調子が悪くなることや、便秘になりやすくなるなど体にさまざまな問題が現れます。また、ホルモンの影響は身体だけではなく心にも強く影響します。ホルモンバランスが乱れると、多くの女性が普段よりも食欲が増してしまうのです。特にダイエット中はストレスが溜まりやすく、その強いストレスの影響でホルモンバランスが乱れやすくなります。食事制限による空腹感とともに、ホルモンバランスの崩れによる影響が重なるわけですから、自分でも我慢できないほどの強い食欲が沸いてしまうのです。このホルモンの影響により、ダイエットを途中で断念してしまった人や、ダイエット後に食べすぎてしまい、一気にリバウンドをしてしまうという人は数多くいるでしょう。

リバウンドを引き起こす異常な食欲の正体

ダイエットをしていなくても、生理前になるといつもよりたくさんのご飯を食べたり、普段であれば体重を気にして食べないような甘いものや脂っこいものも我慢できず食べてしまったりすることがあります。なぜ生理前に食欲が増すようになるのでしょうか?詳しい話を専門家に尋ねてみました。

リバウンドをしてしまうほどの食欲は、どうして生理前に起こりやすいのですか?
黄体ホルモンは増加すると精神的にも不安定な状態となります。感情のコントロールがしにくくなるため、食欲に歯止めが効かなくなってしまうのです。こうした作用に加え、黄体ホルモンには血糖値を下げる働きもあるので、生理前は普段よりも甘い食べ物が欲しくなります。つまり、黄体ホルモンが増加すると体を太りやすくし、さらに食欲のコントロールを失わせ、甘いものを欲しやすくなるというトリプルパンチが発生するわけです。多くの女性が生理前に太ってしまうのも仕方のないことといえます。また、プロゲステロンとエストロゲンというホルモンの分泌バランスや分泌量の切り替わりが上手くいかなかったことによる影響がPMSを引き起こしているのではないか、という説もあります。ホルモンバランスが乱れると、その間心身ともに不快な状態が続くと言われています。

女性の体では、毎月排卵が起こると同時に黄体ホルモンが増え始めます。黄体ホルモンは食欲と関係しており、生理が来るまでの間は食欲やむくみなど女性にとっては煩わしい症状を引き起こします。

引用元: 食欲増の原因は黄体ホルモン!生理前の食欲と上手く付き合う方法 | 女性の美学


生理前のホルモンバランスの乱れを治す手立てはないのですか?
生理前に起こる心身の影響は、どの女性でも起きてしまうことです。ただ、ホルモンバランスの乱れによる影響の大きさは個人差があります。自分でもコントロールができないほど強い食欲が現れるというのであれば、「PMS」と呼ばれる病にかかっている可能性があります。 PMSにかかっている場合、婦人科か心療内科で治療を受けることができます。症状がひどい場合、ホルモンバランスを整えるためにピルや漢方を使った治療を行なってくれるでしょう。

月経前症候群はPreMenstrual Syndromeを略してPMSと呼ばれている婦人科疾患の一つ。女性の月経周期のうち、排卵後から月経までの間にホルモンバランスが変化することに起因して、体調や精神状態が不安定になってしまう疾患です。

引用元: PMSのキホン~セルフ対策・改善方法から病院での治療まで~

PMSの改善法

ダイエット後のリバウンドを防止するには、まずはこのPMSによる問題を改善することが重要。ここで、実際にPMS治療によく用いられる薬を紹介します。

低用量ピル(西洋医学)
一般的にピルというと、避妊のための薬というイメージが強いものですが、低用量ピルは従来のピルの効果を抑え、女性ホルモンのバランスを整えるために使用されます。服用することで排卵を一時的に止め、過剰に分泌される女性ホルモンの量を減らすことができます。PMSによる激しい症状を和らげることができますが、一方で副作用なども現れることがあるため、低用量ピルにだけ頼るのは避けたほうがよいでしょう。
漢方(東洋医学)
西洋医学の分野に属する低用量ピルは、PMSの症状を迅速に治せますが、一方でつらい症状自体を治すことはできないものです。しかし、東洋医学である漢方は、PMSによる症状を負担なく和らげる効果があります。漢方を処方するクリニックでは、個人の体調や体質に合わせ、PMSによる体の負担を取り除く薬を調合してくれます。決して副作用が全くないというわけではありませんが、低用量ピルによる副作用に比べれば負担が少ないため、低用量ピルの使用がつらいという人にオススメできる治療法です。

生理前でもリバウンドしない!~ダイエット成功のカギは「漢方」~

ダイエットは継続して行なわなければ効果は得られませんが、そこで立ちはだかるのがPMSなどの症状です。ダイエットを断念することやリバウンドが起きることを防ぐため、PMSへの対応策を考えましょう。

根本治療を希望するなら「漢方」

身体の不調に対し、薬などを用いて直接的な治療を施す西洋医学に対し、東洋医学は身体全体のバランスの乱れを整えるための治療を施します。この時に用いられるのが、何を隠そう漢方薬です。PMSの場合、身体的な症状に対し化学薬品を用いて治療をするという方法もありますが、漢方を使って体質そのものを改善するほうがより効果的と言えます。PMSは症状の出方が人によって違ってくるので、化学薬品を用いた治療では一切効果が得られないこともあります。その反面その人の体質を全体的に改善する効果のある漢方は、まさにPMSに最適な治療法と言えるのです。

漢方によるPMS治療で体質改善ができる理由

どうして漢方でPMS治療をすると、体質改善に繋がるのですか?
漢方薬による治療は、病気そのものに対処する西洋医学とは違い、病気にかかる人の症状を改善するという理念によって成り立っています。つまり、PMSの症状をもたらすホルモン量を抑えるのではなく、ホルモンバランスを崩す人の体質を改善することができるのです。PMSの症状は200種類近くあり、またその症状が深刻化する原因もさまざまです。漢方薬は、患者さんの体のバランス自体を整えることで、数多くある原因に対処し症状を緩和させることができます。

漢方なら副作用も少ない

効き目の強い薬を使用すると問題となるのが副作用。しかし、漢方であれば副作用が少ないため、誰でも安心して利用ができます。

漢方は女性にとって不利になる副作用が少ないです。(40代/医師)

PMSの治療にホルモン剤をはじめとする化学薬品が使われることがありますが、それによって副作用が発生することがあります。例えばよく使用されるホルモン剤である低用量ピルは、持病のある人は使用できず、それに加え妊娠しにくくなるという可能性をはらんでいます。その点漢方は天然由来の原材料を使って作られているので、身体に負担をかけることなく、副作用が起きる可能性も極めて低いです。

漢方にはピルのような「太る」という副作用がありません。(30代/医師)

低用量ピルを使用すると、女性の体は擬似的な妊娠状態となります。妊婦さんの体はホルモンの影響によって、赤ちゃんのために水分や栄養を体にたくさん溜めこめるように体質が変化します。擬似妊娠状態となった場合も同様で、ホルモンの影響によって太りやすくなってしまうわけです。しかし、漢方は低用量ピルのようにホルモンの分泌バランス自体に作用するわけではありません。漢方は心身のバランスを整え、自然にホルモンバランスを調整する効果があります。薬によって強制的にホルモンバランスを操作するわけではないので、擬似妊娠も起こらず、太る心配もありません。ダイエット中の女性であれば、漢方を用いることでリバウンド防止に役立つでしょう。

漢方でPMS治療を進める心得

多くのメディアでは、「漢方薬は化学合成がされていない天然の生薬だから安全」ということを記述していますが、実際には漢方薬にも副作用は現れます。通常の食品でも人の体質によってアレルギーが起こるように、漢方薬を飲むことで副作用が現れてしまうという人も存在するのです。

例えば、麻黄、附子などの生薬を含む漢方薬には、 ・血圧上昇 ・動悸 ・発汗 ・のぼせ のような副作用が報告されています。

引用元: 【漢方薬の副作用】具体的な症状と4つの回避方法 | 情報Blog

漢方を服用してこれらの症状が現れた場合、すぐに専門のクリニックに相談しましょう。 とはいえ、低用量ピルに比べれば副作用による症状はマイルドであるため、副作用が気になるという人は専門医に相談しながら利用するとよいでしょう。

漢方の専門家へ相談

漢方

漢方薬は通販などでも購入ができますが、通常漢方薬として使用する場合、患者さんの体質や体調に合わせて複数の生薬を組み合わせます。専門家でなければこうした処方は行なえないため、PMS治療のために漢方を利用する時は、必ず漢方薬での治療に対応するクリニックに受診しましょう。PMSの診察は婦人科・産婦人科・心療内科・精神科などのクリニックで行なわれます。まずは自分が本当にPMSであるかを診断してもらい、症状や体質に合わせた漢方薬を処方してもらいましょう。

TOPボタン